今月号の目次
協会ニュース
バックナンバー






Top > 陶説 > 協会ニュース


平成14年2月号より


▼平成14年度の行事予定を3月中に文部科学省に提出し、次年度の予算をたてる都合もありますので、各支部は、支部大会(講師を呼ぶ予定のある場合)などの行事予定を2月中に本部事務局までお知らせ下さい。 (事務局より)

▼協会の機関誌「陶説」は毎月1日が発行日です。健し物の案内もありますので、支部会員の皆様にも、なるべく早くお届けしたいと、本部では考えております。すでに、水戸支部、新潟県支部、備前支部が新規に本部よりの直送に切替わりました。
なお、本部直送を希望される支部がございましたら、本部事務局・渡辺までご連絡下さい。電話03-3292-7125

▼ドイツのケラミック・マガジン編集長で、ドイツ陶芸の百年展の監修者として本誌582号の座談会に登場したガビ・デヴァルドさんが、2001陶芸財団(CAF)賞を受賞した。
CAFはニューヨークに本部があり、1979年以来、現代陶芸に目立った貢献をした人々を顕彰。これまで、バーナード・リーチ、マイケル・カーデュー、デビッド・クィーンズベリー、ヘレン・ドラットらが受賞 している。非英語圏からの受賞はデヴァルドさんが初めて。デヴァルドさんは1994年から編集長をつとめ、2ヶ月ごとに刊行される同誌などに欧州全域の陶芸展の紹介や批評を掲載する一方、ファエンツァの国際陶芸展などでも審査を担当している。受賞理由について財団代表のガース・クラークは「業績は質、量ともに際立っている」とコメント。