陶磁協会賞とは
歴代受賞作家
受賞作家展




Top > 陶磁協会賞 > 陶磁協会賞とは



「日本陶磁協会賞」は、毎年その年の尤も優秀な焼物を作った新進の作家、二名乃至三名を選んで表彰しようとの加藤土師萌氏の提案によって、昭和29年初春に制定されたのが始まりです。第一回の受賞者は清水卯一氏と熊倉順吉氏でした。
そして、昭和34年に受賞作家11名により「日本陶磁協会賞受賞作家展」が開催されました。
さらに昭和48年より、新進ということにこだわりなく、その年の最も優秀な作家に対して「日本陶磁協会賞」が、また陶芸界に大きな足跡を残したベテラン作家および、すでに協会賞を受賞した作家の活動に対し、「金賞」を授与することを決議し、現在に至っています。ちなみに、第一回の金賞受賞者は八木一夫氏でした。(歴代作家参照)
また毎年1月には、和光ホール(銀座・和光)にて「日本陶磁協会賞受賞作家展」を開催いたしております。
なお、日本陶磁協会賞についての詳しいお問い合わせは、社団法人日本陶磁協会・事務局までご連絡下さい。


■平成25年度 日本陶磁協会賞・金賞受賞者選考結果報告

    平成25年度 日本陶磁協会賞福島善三
    平成25年度 日本陶磁協会賞金賞川瀬 忍

平成25年度「日本陶磁協会賞・金賞」の選考委員会が2月1日(土)午後3時より、銀座・和光本館6階会議室にて開かれました。今回は、候補として協会賞67名、金賞41名の推薦を52名の推薦委員よりいただきました。候補者の数は、昨年よりも協会賞17名、金賞9名と多く、その理由として推薦者を昨年より12名増やしたことが考えられます。本賞の意義である「1つのジャンルに固執することなく陶芸界全体に目を配り、その年の最も優秀と思われる作家に日本陶磁協会賞を、さらに永年に渡り作陶および教育等に貢献されてきたベテラン作家に金賞を授与し表彰することによって、陶芸文化および芸術を振興することを目的」に美術館・博物館の学芸員、美術ジャーナリスト、ギャラリー関係者、陶芸作家(金賞受賞作家)など専門の方々より推薦をいただきました。

その結果、協会賞候補は(推薦の多い順に示しますと)、重松あゆみ、福島善三(以上8名)、神農巌(5名)、金重榛(4名)、伊藤慶二(金賞推薦者5名)、猪倉高志、稲崎栄利子、植葉香澄、内田鋼一(金賞推薦1名)、加藤高宏、川崎毅、川端健太郎、木村芳郎、黒田泰蔵、高垣篤、辻村史朗(金賞推薦者一名)、長江重和、長江惣吉、中村康平、新里明士、平川鐵雄、村田森、和田的(以上2名)、石田有作、石山哲也、伊藤正、伊藤みちよ、今井眞正、今泉毅、岡田裕、加藤一郎、加藤清和、加藤幸兵衛、金子潤(金賞推薦者2名)、菊見吟子、北川宏人、久保田厚子、桑田卓郎、近藤高弘、酒井博司、島村光、鈴木徹、高橋治希、高柳むつみ、竹内紘三、武末日臣、寺本守、中尾恭純、中里重利、中里太郎右衛門、西村陽平、長谷川直人、林茂樹、原憲司(金賞推薦者1名)、原田隆子、福本双紅、堀野利久、松田百合子、美崎光邦、南野馨、宮崎祐輔、森正、山田晶、山出和、山本出(以上1名)。

右の一覧でも分かる通り、重松あゆみ、福島善三、神農巌、金重榛の四名が上位を占めておりましたが、選考委員に候補者の陶歴、推薦理由および作品の写真など資料を付して送りました結果、次の方々が候補者として選ばれました。点数の高い順に示しますと、協会賞候補は福島善三(21点)、神農巌(10点)、重松あゆみ(5点〕、黒田泰蔵、和田的(以上3点)、石橋裕史、伊藤秀人、中村康平(以上2点)、加藤清和、川崎毅、鈴木徹(以上1点)でした。上位3名の過去4年問の推薦状況を見ますと、平成25年は重松氏が8名、福島氏が8名、神農氏が5名。平成24年は重松氏が7名、神農氏が5名、福島氏が2名、平成23年は神農氏が6名、重松氏が4名、福島氏は1名、平成22年は重松氏が5名、神農氏が1名、福島氏が1名で、関西地域からは圧倒的に重松氏を推薦する人が多かったのですが、選考でもう一つ点が入らない理由の一つに、東京での個展が最近少ないためではないかと考えられます。今回、福島氏に多くの点が入った理由は、2013年の第60回日本伝統工芸展において「中野月白瓷深鉢」が高松宮記念賞を受賞したことが大きかったように思われます。また、神農氏は推薦でも選考でもトップを追う形になってきており、次回候補として最も有力と思われます。

福島氏の推薦理由は、「小石原の鉄釉を用いて月白釉を完成し、本年度の伝統工芸展において高松宮記念賞を受賞した。」「小石原焼の素材と技法を現代的な感覚でとらえなおした作風は斬新である。」「初期からの着実な歩み、しかも作風をマンネリ化させることなく挑みつづけている。」など多くの推薦が寄せられました。

重松氏の推薦理由は、「ここ数年最終選考まで残っておられる作家の一人。兵庫県立美術館の小企画展 "近いかたち、遠いかたち"(2013年7月6日-11月10日)で見せた新作・近作群は、従来の〈有機的なフォルム〉に鋭さとしなやかさが加わり、目で見ても手で触っても大変魅力的でした。」「重松あゆみは、京都市立芸術大学大学院を修了し現在は同大学准教授として後進の指導にあたっている。重松の創作活動は、同大学院修了以来、毎年継続的に大阪の"ギャラリー白"で個展を開催するとともに、関西、東京でも"ギャルリー・プス"をはじめ多数の個展を開催している。また、美術館での工芸のグループ展には必ずノミネートされ注目される作家の一人であり、その作品は美術館に所蔵されている。重松作品の特徴は、初期には不思議なトポロジーな局面を持った形態であったが、この数年は表面の造形よりも"内と外"の構造に加えて"円の穴"が出現するに至っている。また、作品に施された多彩さも爽やかな色調がゆえフォルムとマッチしている。重松の独自の作風は、トポロジー的な形態の中に〃仕組みのおもしろさ"と彼女の意識に内在する観念の世界が表出され魅力的なものである。力量のある女流作家として、今後の更なる展開が楽しみです。」など多数でした。

神農氏の推薦理由は、「滋賀県大津市で制作する、伝統工芸会系の作家。一貫して、日本伝統工芸会を発表の場としており、とくに近年、「第56回日本伝統工芸展」で朝日新聞社賞を受賞。2011年の「第58回日本伝統工芸展」では"堆磁線文鉢"で日本伝統工芸会会長賞を受賞している。また、2012年春には紫綬褒章を受章、秋には滋賀県指定重要無形文化財技術保持者の指定を得ている。近年の活躍に対し、日本陶磁協会賞の受賞は適切であると考える。」など多数でした。

上位3名について、選考委員会にて協議の結果、全員一致で福島氏に協会賞を贈ることに決まりました。

平成25年度 日本陶磁協会賞 福島善三
1959年小石原焼ちがいわ窯に生まれる。
1982年福岡大学卒業。
1988年県展朝日新聞社賞、第35回日本伝統工芸展入選(以後23回入選)
1990年西日本陶芸美術展福岡県知事賞、西部工芸展鹿児島放送賞、県展市長賞。
1991年第26回西部工芸展朝日新聞社金賞、福岡県美術協会正会員に推挙される。
1992年西日本陶芸美術展長崎県知事賞、日本工芸会正会員。県展正会員展準大賞。
1993年第12回日本陶芸展入選(以後5回入選)、西日本陶芸美術展福岡県知事賞。
1994年九州山口陶磁展準大賞。
1998年九州山口陶磁展日経新聞社賞。
1999年第15回日本陶芸展大賞桂宮賜杯受賞、県展正会員美術協会賞。
2000年宮内庁お買い上げ(鉄釉掛分鉢)。
2001年第8回福岡県文化賞受賞。宮内庁お買い上げ(鉄釉掛分鉢)。
2003年宮内庁お買い上げ(鉄釉掛分鉢)。「現代陶芸の華」茨城県陶芸美術館、第23回西日本陶芸美術展大賞受賞、第50回日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞受賞。
2004年第14回MOA岡田茂吉賞優秀賞受賞。
2005年第18回日本陶芸展招待出品。
2006年「日本陶芸百年の精華」(兵庫陶芸美術館)。
2007年第19回日本陶芸展招待出品。
2009年菊池ビエンナーレ入選。
2012年個展(三越他)。
2013年第60回日本伝統工芸展高松宮記念賞受賞。「日本伝統工芸展60回記念工芸からKOGEIへ」(東京国立近代美術館工芸館)。

金賞候補を推薦の多い順に示しますと、川瀬忍(7名)、秋山陽、伊藤慶二(協会賞推薦者2名)、小川待子(以上5名)、清水六兵衛、中村錦平(以上4名)、隠崎隆一、金重有邦、中島晴美(以上3名)、金子潤(協会賞推薦者1名)、栗木達介、中里隆、中田一於、林康夫、原清、前田昭博、三原研、宮永東山(以上2名)、青山双渓、板橋廣美、伊勢崎淳、伊藤公象、伊藤赤水、伊藤秀人(協会賞推薦者3名)、内田鋼一(協会賞推薦者二名)、大樋長左衛門、金重晃介、上出恵悟、川上力三、木野智史、高鶴元、笹山忠保、竹中浩、高橋誠、田嶋悦子、辻村史朗(協会賞推薦2名)、原憲司(協会賞推薦1名)、前田正明、皆川典子、三輪和彦、大和保男(以上1名)。

右の一覧の通り、今回は川瀬忍・秋山陽・伊藤慶二・小川待子の順になっていますが、伊藤慶二氏は協会賞に推薦している人を入れると川瀬氏と同じ7名となります。選考委員に候補者の陶歴、推薦理由および作品の写真など資料を付して送りました結果、金賞候補として次の方々が選ばれました。点数の高い順に示しますと、川瀬忍(15点)、秋山陽(7点)、伊藤慶二(7点)、隠崎隆一(4点)、中村錦平(4点)となり、川瀬氏に秋山氏、伊藤氏の倍の点数が入りました。上位3名の過去4年間の推薦状況を見ますと、平成25年は川瀬氏が7名、秋山氏が5名、伊藤氏が5名、平成24年は川瀬氏が四名、伊藤氏が3名、秋山氏が2名、平成23年は伊藤氏が3名、川瀬氏が3名、秋山氏1名、平成22年が秋山氏が2名、川瀬氏が1名、伊藤氏は推薦なしで、徐々に川瀬氏が推薦を増やしている状況が伺えます。その理由として、平成23年に菊池寛実記念智美術館で「川瀬忍の青磁天青から静かなる青へ」展が契機となり、24年の中長小西での「しろゑ」展、25年の菊池寛実記念智美術館の「現代の名碗」展に出品の「翠次瓦」の茶碗、寛土里での「深淵」展の評価が数字に表れているように思われます。

川瀬氏の推薦理由は、「智美術館において「現代の名碗」展に出品した「翠瓷」の茶碗。これまでの官窯風の青磁とまた違った釉と形は天目形を基本とし、この展覧会の中でも物故作家をも含めて、静かながらも圧倒的な存在感を放ち、この作家のここにきてまた一段格が上がったように思われた。この「翠瓷」の茶碗でこれから寛土里にて個展が開催されるとのこと今から楽しみです。これだけのものをまた新たに生み出し挑んでいく川瀬忍、彼をおいて他に金賞はないと考え、ここに強く推薦致します。」など多数寄せられましたが、ほぼ同じような内容でしたので、他は省略いたしました。

秋山氏の推薦理由は、「ますます充実した制作活動を展開。作風に成熟がみられる。」「ひたすら土に向き合う陶芸芸術家の秋山氏。今年、彼が初めて挑んだ茶碗は、とても素敵な逸品でした。」など多数寄せられました。

伊藤氏の推薦理由は、「今年は、春に富山の楽翠亭美術館での鯉江良二との二人展、秋から来年1月まで岐阜県現代陶芸美術館にて個展を開催。それぞれに新作のインスタレーションを発表し、岐阜の個展では、これまでのHIROSHIMAと福島への鎮魂に加え、新たにNAGASAKIへのメッセージが加わった。多くの展覧会、個展をコンスタントに開催しながら、常に新しいテーマで挑み、不断に前進し続けている稀有な作家である。」「本年岐阜県現代陶芸美術館で展覧会を開催されており、その展覧会は、伊藤氏の世界というものを見事に表現されている。長年ぶれることなく自身の作品を求め作り出されてきた。その姿勢から生み出されるものたちは受賞に相応しいと思う。」など多数寄せられました。上位3名について、選考委員会にて協議の結果、全員一致で川瀬氏に金賞を贈ることに決まりました。

平成25年度 日本陶磁協会賞金賞 川瀬忍
1950年二代川瀬竹春の長男として、神奈川県大磯に生まれる。
1968年祖父(初代竹春)、父のもとで作陶を始める。
1977年「第1回竹春三代展」(日本橋・壺中居)
1982年1981年度日本陶磁協会賞受賞。
1983年「JAPANESE CEASMICS TODAY」(Smithsonian Institution Washington D.C. 'Victoria and Albert Museum, London)
1995年「美の継承」(東京美術青年会創立60周年記念新作展)。
1996年「CONTEMPORARY JAPANESE CRAFTS」(国際交流基金、巡回展)。「現代の陶芸美─凛─」(信楽県立陶芸の森)
2003年「白磁・青磁の世界」(茨城県陶芸美術館)。
2005年「International Asian Art Fair」(N.Y.Joan.B. Mirviss Ltd)。
2007年個展「理非曲直」(壼中居)。
2008年個展「妖青の祈り」(寛土里)。
2009年個展「外焔」(壼中居)。
2010年個展「湌浪」(寛土里)。
2011年「川瀬忍の青磁天青から静かなる青へ」(菊池寛実記念智美術館)
2012年「ART Fair Tokyo(絞胎)」、「しろゑ」展(中長小西)。
2013年「現代の名碗」(菊池寛実記念智美術館)、個展「深淵」(寛土里)。


今回、賞の選考委員は、赤沼多佳、伊藤嘉章、梅澤信子、唐澤昌宏、合田耕平、後藤康雄、竹内順一、戸田博、中ノ堂一信、根津公一、宮島格三、森孝一の12名でした。推薦者は青山和平、石崎泰之、市川文江、乾由明、伊藤郁太郎、井上隆生、今井政之、上西節雄、内田篤呉、梅田稔、榎本徹、小野公久、加藤清之、加藤孝造、川上智子、岸桂子、黒田和哉、黒田耕治、黒谷正人、桑山俊道、纐纈幾世、小西哲哉、小吹隆文、坂本直樹、下村朝香、正村美里、白田豊、杉山道夫、鈴木藏、鈴田由紀夫、大長智広、竹田博志、坪井明日香、外舘和子、中島宏、中林幸雄、橋本龍史、花里麻理、林屋晴三、福島建治、藤間寛、鈎真一、三浦努、三輪休雪、目黒仲良、森野泰明、安田尚史、柳原睦夫、山中英之、横堀聡、吉澤敬子、渡部誠一、以上52名でした。