ご案内
役員
年譜
情報公開








Top > 日本陶磁協会とは > 年譜



1954年(昭和29年)
初年、加藤土師萌の提案によって、毎年その年の最も優秀な焼物を作った新進作家2名、または3名を選んで表彰することを決議。委員は理事のなかより新作陶器に関心の深い、加藤土師萌、加藤唐九郎、小山冨士夫、黒田領治、佐藤進三、内藤匡の6人が当たり、議論同数の時は理事長の梅澤彦太郎が決を採ることとする。3月、第1回無形文化財日本伝統工芸展開催。4月、第4次定時総会。5月、文化財保護法改正、従来の無形文化財は白紙となり、新基準による重要無形文化財指定の制度が生まれる。

1955年(昭和30年)
2月、石黒宗麿、荒川豊蔵、浜田庄司、富本憲吉が重要無形文化財保持者(人間国宝) に認定される。3月、熊倉順吉、清水卯一、加藤嶺男(のち受賞を辞退) が昭和29年度、第1回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第5次定時総会。5月、国家指定重要無形文化財日本伝統工芸展開催。8月、社団法人日本工芸会設立。10月、黒田陶苑主催による協会賞3人展を壺中居にて開催。

1956年(昭和31年)
4月、吉賀大眉、藤本能道が昭和30年度、第2回日本陶磁協会賞に選ばれる。第6次定時総会。金重陶陽、重要無形文化財保持者に認定される。

1957年(昭和32年)
2月、田村耕一、松風栄一が昭和31年度、第3回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、京橋竹葉亭にて受賞作家の表彰式を行う。第7次定時総会。

1958年(昭和33年)
3月、大樋年朗(十代・長左衛門) 、清水洋(七代・六兵衛) が昭和32年度、第4回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第8次定時総会。秋、第5回日本陶磁協会賞より「日本陶磁協会賞受賞作家展」開催を決議。

1959年(昭和34年)
1月、協会主催「やきもの教室」が白木屋5階画廊にて始まる(昭和40年第40回まで開催) 。3月、安田友彦(全宏) 、船木研兒が昭和33年度、第5回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第9次定時総会。6月、第1回日本陶磁協会賞受賞作家(11人) 展を日本橋三越工芸サロンにて開催。開催中、高島屋5階貴賓室にて受賞作家の表彰式を行う。

1960年(昭和35年)
3月、鈴木治、河本五郎が昭和34年度、第6回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第10次定時総会。第1回女流陶芸展始まる。6月、第2回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。9月、第7回日本伝統工芸展、この年から一般公募となる。11月、河本五郎(瀬戸) の協会賞受賞を祝し、名古屋丸栄にて日本陶磁協会賞受賞作家展を開催、高橋茂、本多静雄、加藤嶺男、大樋年朗、松風栄一、田村耕一、河本五郎によって座談会「明日の焼物の為に−協会賞受賞展(名古屋) にて」(「陶説」第95号掲載) が開かれる。

1961年(昭和36年)
3月、篠田義一、中里忠夫(十三代・太郎右衛門) 、山田光が昭和35年度、第7回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第11次定時総会。加藤土師萌、重要無形文化財保持者に認定される。6月、協会主催「やきもの教室・柿右衛門展」開催中の白木屋にて、受賞作家の表彰式を行う。第3回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。12月、瀬川昌也(理事) 死去。

1962年(昭和37年)
春、藤原建、谷口良三が昭和36年度、第8回日本陶磁協会賞に選ばれる。3月、協会主催「やきもの教室・仁清展」開催中の白木屋にて、受賞作家の表彰式が行われる。4月、第12次定時総会。6月、東洋において田村耕一、藤原建、井上昇三、磯野風船子(信威) 、黒田領治による座談会「作家に聴き作品に物申す」(「陶説」第113号掲載) が行われる。第4回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。

1963年(昭和38年)
春、昭和37年度、日本陶磁協会賞は該当者なしと決議。4月、第13次定時総会。6月、第5回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。富本憲吉死去。10月、協会主催「第1回現代陶芸巨匠十人展」(日本橋三越特別室) 開催。板谷波山、川喜田半泥子死去。

1964年(昭和39年)
1月、協会主催「百碗展」(日本橋三越) 開催。春、辻清明、木村盛和が昭和38年度、第9回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第14次定時総会。6月、協会主催「ジョッキ展」(日本橋三越) 開催。10月、東京オリンピック開催。この年、第6回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。

1965年(昭和40年)
春、今井政之が昭和39年度、第10回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第15次定期総会。10月、協会主催「徳利、ぐい呑展」(日本橋三越) 開催。この年、第7回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。

1966年(昭和41年)
3月、加守田章二が昭和40年度、第11回日本陶磁協会賞に選ばれる。この年より、吉田耕三が選考委員に加わる。4月、第16次定期総会。新役員として、大屋敦、内藤匡が顧問、田山方南が理事、山田健太郎が監事に就任する。5月、第8回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。10月、出光美術館開館。11月、河井寛次郎死去。この年、人間国宝今藤長十郎の構想で「陶裳会」が結成される。

1967年(昭和42年)
1月、第1回陶裳会展(日本橋三越) 開催。3月、第1回女流陶芸公募展(京都府ギャラリー) が始まる。5月、近藤豊、加藤重高、藤原雄が昭和41年度、第12回日本陶磁協会賞に選ばれる。第17次定期総会。8月、第9回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。初日、三越の特別食堂別室にて表彰式を行う。11月、金重陶陽死去。

1968年(昭和43年)
2月、佐藤進三(理事) 死去。4月、鈴木蔵が昭和42年度、第22回日本陶磁協会賞に選ばれる。5月、第18次定期総会。新役員として、保田憲司、山田健太郎、小森新一(松庵) が理事に就任する。第10回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。6月、石黒宗麿死去。文化庁が設置される。9月、加藤土師萌(理事) 死去。11月、浜田庄司が文化勲章を受賞する。

1969年(昭和44年)
春、森陶岳が昭和43年度、第14回日本陶磁協会賞に選ばれる。3月、瀬津伊之助(理事) 死去。5月、第19次定期総会。8月、梅澤彦太郎(理事長) 死去。10月、金重陶陽賞が設定される。この年、第11回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。

1970年(昭和45年)
3月、加藤清之が昭和44年度、第15回日本陶磁協会賞に選ばれる。第2回詮衡委員会にて、森村義行が理事長、三上次男、梅澤信二が理事に就任する。4月、藤原啓、三輪休和が重要無形文化財保持者に認定される。5月、第20次定期総会。9月、第12回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。三越美術部特別室にて受賞作家の表彰式を行う。11月、森村義行(理事長) 死去。

1971年(昭和46年)
5月、第21次定時総会をクラブ関東にて行う。新役員として浜口雄彦が理事長に就任する。6月、松永安左衛門(顧問) 死去。8月、辻協が昭和45年度、第16回日本陶磁協会賞に選ばれる。「陶説」に掲載された「選考委員会報告」によれば、この時の選考委員会で、いままでの選考方式の再検討が行われ、結果、答申事項として次の八項目が選考委員会より理事会へ提出された。一、本年分(前年度対照) 選考は従前のを踏襲する。一、四十歳制限を棚上げし、年齢に若干の幅を広伸する。一、協会賞作家と否とに関らず、業績極めて顕著なる作家に対し、協会賞とは別に大賞(金賞) を授け、その功績を内外に顕彰する。一、日本経済新聞社(予定) と共催(又は協賛) にて、協会賞候補展を東京三越にて開催する。一、同展出品作品及び作家の業績を総合、優秀なる者に日本陶磁協会賞を贈る。一、同展には授賞作家の協力出品をも展観、大賞選考資料とする。一、同展の候補選抜は、作家の所属団体(日展・日本工芸会・新匠会・走泥社・他) の推挙者を協会賞委員が会議決定する。一、選考委員に作家からの参加を希望、左記三氏を推薦する。八木一夫(走泥社・京都) 、田村耕一(日本工芸会・栃木) 、河本五郎(日展・愛知) 以上。因みに、この時の選考委員は、井上昇三、吉田耕三、鶴岡健吉の三名と小森松庵、磯野風船子、伊東祐淳、黒田領治の4理事。秋、第13回日本陶磁協会賞新旧受賞作家展(日本橋三越) 開催。11月、受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。表彰式後、全国支部長会議を初めて開催する。荒川豊蔵が文化勲章を受賞する。畠山一清(顧問) 死去。

1972年(昭和47年)
春、昭和46年度、日本陶磁協会賞は該当者なしと決議。この年より、年齢制限を廃止する。5月、第22次定時総会。谷川徹三、服部正次、根津嘉一郎の3氏を顧問に選出する。9月、黒田陶苑(銀座7丁目店) 新築開店。10月、第14回日本陶磁協会賞受賞作家展(日本橋三越) 開催。保田憲司(理事) 死去。

1973年(昭和48年)
2月、京都に河井寛次郎記念館開館。3月、江崎一生、藤平伸が昭和47年度、第17回日本陶磁協会賞に、八木一夫が第1回金賞に選ばれる。5月、第23次定時総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。因みに、この時の理事は浜口雄彦、磯野信威、伊衆祐淳、黒田領治、瀬川功、中本守、岡田宗叡、三上次男、梅澤信二、小山冨士夫、広田熙、繭山順吉、久志卓眞、小森新一、田山方南、田中作太郎、山田健太郎、堀口捨巳、柿本保、小田栄作、保田憲司、満岡忠成、加賀田勘一郎、本多静雄の24名、監事は古屋芳雄、今泉元佑、平野龍治の3名。7月、東洋陶磁学会設立。11月、久志卓眞(理事) 死去。12月、第15回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。この年より展覧会の名称を改め、日本陶磁協会賞受賞作家、金賞受賞作家、招待作家の3部で構成される。

1974年(昭和49年)
2月、古屋芳雄(監事) 死去。4月、松井康成が昭和48年度、第18回日本陶磁協会賞に選ばれる。5月、第24次定期総会。8月、第16向現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。開催初日、受賞作家の表彰式を行う。11月、富本憲吉記念館開館。

1975年(昭和50年)
4月、高鶴元が昭和49年度、第19回日本陶磁協会賞に選ばれる。5月、第25次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。この年より、常任理事の役割分担として、磯野信威が企画担当、伊東祐淳が総務担当、黒田領治が支部担当、小山冨士夫が学術担当、瀬川功が経理担当を請け負う。7月、第17回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。協会主催「第1回備前古窯跡見学会」を企画。昭和58年の14回まで8年間、各地の古窯跡および窯業地を見学する。10月、小山冨士夫(理事) 死去。

1976年(昭和51年)
2月、原清、今泉嘉詔(13代・今右衛門) が昭和50年度、第20回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、中里無庵が重要無形文化財保持者に認定される。5月、日本陶磁協会創立30周年記念大会として、梅澤記念館にて「記念名品展」、霞会館にて記念講演会が行われる。第26次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。8月、第18回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。10月、浜口雄彦(理事長) 死去。後任として瀬川功が理事長に就任する。

1977年(昭和52年)
3月、三浦小平二が昭和51年度、第21回日本陶磁協会賞に、清水卯一が第2回金賞に選ばれる。4月、近藤悠三が重要無形文化財保持者に認定される。5月、第27次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。11月、東京国立近代美術館工芸館開館。藤原建死去。この年、第19回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。

1978年(昭和53年)
1月、栗木達介、加藤達美が昭和52年度、第22回日本陶磁協会賞に選ばれる。浜四庄司死去。5月、第28次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、井上昇三、小田栄一、楢崎彰一、繭山康彦が理事に、西村清が監事に就任する。6月、日本陶磁協会友好訪中参観団が中国を訪ねる。9月、第20回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。10月、加賀田勘一郎(理事) 死去。11月、楠部彌弌が文化勲章を受賞する。

1979年(昭和54年)
2月、塚本快示が昭和53年度、第23回日本陶磁協会賞に選ばれる。八木一夫死去。5月、第29次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。9月、第21回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。この時、受賞作家、選考委員、協会理事、有志により懇親会が催される。

1980年(昭和55年)
春、金重道明、玉置保夫が昭和54年度、第24回日本陶磁協会賞に選ばれる。この年の選考委員は吉田耕三、清原邦武と瀬川功、磯野信威、伊東祐淳、井上昇三、梅澤信二、広田熙、黒田領治の各理事。5月、第30次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。9月、第22回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。

1981年(昭和56年)
2月、小野珀子、竹中浩が昭和55年度、第25回日本陶磁協会賞に、藤本能道が第3回金賞に選ばれる。5月、第31次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。9月、第23回現代陶芸選抜展(日本橋三越)開催。10月、三輪休和死去。

1982年(昭和57年)
2月、川瀬忍が昭和56年度、第26回日本陶磁協会賞に、鈴木蔵が第4回金賞に選ばれる。5月、第32次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。9月、第24回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。12月、吉賀大眉が芸術院会員となる。

1983年(昭和58年)
2月、小野寺玄、中島宏が昭和57年度、第27回日本陶磁協会賞に、辻清明が第5回金賞に選ばれる。加守田章二死去。3月、近藤豊死去。4月、塚本快示、三輪休雪が重要無形文化財保持者に認定される。5月、第33次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。9月、第25回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。11月、藤原啓死去。

1984年(昭和59年)
2月、酒井田柿右衛門(14代) が昭和58年度、日本陶磁協会賞に、鈴木治が第五回金賞に選ばれる。5月、第34次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、北村謹次郎、澤田由治、田村耕一、徳川義宣、戸田鐘之助、西田宏子、藤本能道、村山武、吉岡庸治が理事に就任する。6月、12代・中里太郎右衛門が日本芸術院賞を受賞する。9月、第26回現代陶芸選抜展(日本橋三越) 開催。11月、瀬川功(理事長) 死去。新理事長に大河内信威(磯野風船子) が就任する。第1回藤原啓記念賞を鈴木治が受賞。12月、楠部彌弌死去。

1985年(昭和60年)
2月、江口勝美、加藤孝造、中里隆が昭和59年度、第29回日本陶磁協会賞に、吉賀大層が第8回金賞に選ばれる。4月、清水卯一、金城次郎が重要無形文化財保持者に認定される。5月、第35次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。8月、荒川豊蔵死去。9月、第27回現代陶芸選抜展(日本橋三越)開催。11月、熊倉順吉死去。12月、加藤唐九郎死去。

1986年(昭和61年)
1月、9代・大樋長左衛門死去。2月、徳田正彦(八十吉)が昭和60年度、第30回日本陶磁協会賞に選ばれる。3月、藤本能道、田村耕一が重要無形文化財保持者に認定される。河本五郎死去。4月、第1回日本陶磁協会賞受賞作家展がこの年より名古屋松坂屋にて開催される。5月、第36次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。6月、協会主催の「現代陶芸特別展」を壺中居にて開催。9月、第28回現代陶芸選抜展(日本橋三越)開催。この年、第1回八木一夫質現代陶芸展(伊勢丹美術館)開催。

1987年(昭和62年)
1月、田村耕一死去。2月、伊藤赤水、小山岑一、樂吉左衛門が昭和61年度、第31回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第2回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。5月、第37次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、黒田和哉、高橋三朗が理事に、瀬津厳が監事に就任する。9月、第29回現代陶芸選抜展(日本橋三越)開催。11月、岡田宗叡(理事)死去。

1988牢(昭和63年)
1月、宇野三吾死去。2月、和太守卑良が昭和62年度、第32回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、第3回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。5月、第38次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。9月、第30回現代陶芸選抜展(日本橋三越)開催。この年、MOA岡田茂吉賞、第1回(絵画部門、工芸部門)が授与される。

1989年(昭和64年・平成元年)
1月、三輪龍作、鈴木三成が昭和63年度、第33回日本陶磁協会賞に、今泉今右衛門が第9回金賞に選ばれる。4月、第4回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。5月、第38次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。今泉今右衛門が重要無形文化財保持者に認定される。9月、第31回現代陶芸選抜展(日本橋三越)開催。10月、協会主催の第二回現代陶芸特別展を壺中居で開催。

1990年(平成2年)
1月、若尾利貞が平成元年度、第34回日本陶磁協会賞に、松井康成が第10回金賞に選ばれる。この時より、福田旻、長谷部満彦が選考委員として加わる。4月、第5回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。5月、第40次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、鈴木治、竹内順一、長谷部楽爾、林屋晴三、弓場紀知が理事に就任する。6月、塚本快示死去。7月、大河内信威(理事長)死去。8月、臨時総会を医事新報社会議室で開き、新理事長として根津嘉一郎が選任される。9月、岡部嶺男死去。10月、井上昇三(理事)死去。この年は、現代陶芸選抜展は開催されず、翌年より壺中居に会場を移し、展覧会名を「日本陶磁協会賞受賞作家展」に戻す。

1991年(平成3年)
2月、第31回日本陶磁協会賞受賞作家展を壺中居にて開催。開催初日に選考委員会が開かれ、滝口和男が平成2年度、第35回日本陶磁協会賞に、加藤卓男が第11回金賞に選ばれる。松風栄一死去。5月、第41次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。6月、第6回日本陶磁協会賞作家展(名古屋松坂屋)開催。9月、北村謹次郎(理事)死去。10月、吉賀大眉死去。

1992年(平成4年)
2月、第33回日本陶磁協会賞受賞作家展(壺中居)開催。深見陶治が平成3年度、第36回日本陶磁協会賞に、樂吉左衛門が第12回金賞に選ばれる。4月、江崎一生死去。5月、第42次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。藤本能道(理事)死去。9月、第7回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。

1993年(平成5年)
2月、第34回日本陶磁協会賞受賞作家展(壺中居)開催。鯉江良二が平成4年度、第37回日本陶磁協会費に、三浦小平二が第13回金山賞に選ばれる。5月、第43次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、山本正之が監事に就任する。松井康成が重要無形文化財保持者に認定される。9月、第8回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。11月、高橋三朗(理事)死去。

1994年(平成六年)
2月、第35回日本陶磁協会賞受賞作家展(壺中居)開催。山田常山、金重晃介が平成五年度、第三八回日本陶磁協会賞に、島岡達三が平成5年度が第14回金賞に選ばれる。5月、第44次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。鈴木蔵が重要無形文化財保持者に認定される。8月、満岡忠成(理事)死去。9月、第9回日本陶磁協会賞受賞作家展(名古屋松坂屋)開催。10月、澤田由治(理事)死去。以後、名古屋展を中止する。

1995年(平成7年)
1月、第36回日本陶磁協会賞受賞作家展(壺中居)開催。吉田美統が平成6年度、第39回日本陶磁協会賞に、山田光が第15回金賞に選ばれる。この年より、宮島格三が選考委員として加わる。広田熙(理事)死去。5月、第45次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、伊藤郁太郎、大樋長左衝門、古賀健蔵、鍋島光残、長谷部満彦、宮島格三が理事に就任する。井上萬二、加藤卓男が重要無形文化財保持者に認定される。12月、金重道明死去。

1996年(平成8年)
1月、第37回日本陶磁協会賞受賞作家展(壺中居)開催。隠崎隆一が平成7年度、第40回日本陶磁協会賞に選ばれる。4月、藤原雄、島岡達三が重要無形文化財保持者に認定される。5月、第46次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。小野珀子死去。6月、谷口良三死去。11月、浅蔵五十吉が文化勲章を受賞する。

1997年(平成9年)
2月、第38回日本陶磁協会賞受賞作家展(壺中居)開催。秋山陽が平成8年度、第41回日本陶磁協会賞に、荒木高子が第16回金賞に選ばれる。この年より、中ノ堂一信が選考委員に加わる。5月、第47次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。三浦小平二、徳田八十吉が重要無形文化財保持者に認定される。6月、梅澤信二(理事)死去。12月、日本陶磁協会設立50周年記念企画として『陶説総目次』を刊行、内外の研究機関に配布する。

1998年(平成10年)
2月、第39回日本陶磁協会賞受賞作家展および小品展(壺中居)開催。藤平伸が平成9年度、第17回金賞に選ばれる。5月、第48次定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。新役員として、梅澤信子が理事に、石黒久義、栗原俊太郎が監事に就任する。鈴木治が日本芸術大賞受賞。山田常山が重要無形文化財保持者に認定される。6月、今井政之が日本芸術院賞受賞。

1999年(平成11年)
1月、「日本陶磁協会賞展−第40回記念・歴代受賞作家による−」が銀座・和光6階ホールにて開催される。八木明が平成10年度、第42回日本陶磁協会賞に選ばれる。この年より金子賢治が選考委員に加わる。3月、古賀健藏(理事)死去。5月、第49回定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。

2000年(平成12年)
1月、「第41回日本陶磁協会賞展」(和光ホール)が開催される。原田拾六が平成11年度、第43回日本陶磁協会賞に選ばれる。山本正之(監事)死去。5月、第50回定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。服部禮次郎、金子賢治が理事に就任する。

2001年(平成13年)
1月、「第42回日本陶磁協会賞展」(和光ホール)が開催される。この年より、本作品と共にテーマ作品(お茶を愉しむ)が展示される。小川待子が平成12年度、第44回日本陶磁協会賞に選ばれる。唐澤昌宏、森孝一が選考委員に加わる。4月、鈴木治(理事)が死去。5月、第51回定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。神通豊が理事に就任する。酒井田柿右衛門、吉田美統が重要無形文化財保持者に認定される。9月、日本六古窯サミット21一備前一「日本六古窯名品展」を後援する。10月、13代今泉今右衛門、藤原雄死去。11月、山田光死去。

2002年(平成14年)
1月、「第43回日本陶磁協会賞展」(和光ホール)が開催される。この年のテーマは「遊ぶかたち」。開催初日に三笠宮寛仁親王妃信子殿下をお迎えし、パーティーを行う。鈴木五郎が平成13年度、第45回日本陶磁協会賞に、森陶岳が第19回金賞に選ばれる。この年より、梅澤信子、西田宏子、弓場紀知が選考委員に加わる。2月、根津嘉一郎(理事長)死去。3月、服部禮次郎が理事長に就任する。5月、第52回定期総会並びに受賞作家の表彰式を日本医事新報社会議室にて行う。畠山尚子、根津公一が理事に、後藤康雄が監事に就任する。6月、2002年度、第2回理事会および懇親会をクラブ関東にて行う。10月、2001年度日本陶磁協会賞・金賞受賞記念「鈴木五郎・森陶岳展」(和光ホール)が開催される。三笠宮寛仁親王妃信子殿下をお迎えし、受賞作家の表彰式並びに祝賀パーティーを行う。

2003年(平成15年)
1月、「第44回日本陶磁協会賞展」(和光ホール)が開催される。この年のテーマは「飾る」。金重有邦が平成14年度、第46回日本陶磁協会賞に、柳原睦夫が第20回金賞に選ばれる。同月、加藤達美、4月、松井康成死去。同月、日本陶磁協会仙台支部設立50周年記念「特別展 伊達家の茶の湯」(仙台市博物館)に協力。中日新聞主催「桃山陶に見せられた7人の陶芸家」展に企画協力。朝日新聞社主催「陶の詩人 小山冨士夫の眼と技」展を後援。同展の根津美術館開催に伴い、「第1回やきもの文化講座」(講師: 長谷川楽爾、弓場紀知)をNHK青山荘にて開催する。5月、第53回定期総会を日本医事新報社会議室にて行う。7月、2002年度年度日本陶磁協会賞・金賞受賞記念「金重有邦・柳原睦夫展」(和光ホール)が開催される。同展の初日夕刻より、受賞作家の表彰式並びに祝賀パーティーを行う。10月、「第2回やきもの文化講座」(講師: 林屋晴三)をNHK青山荘にて開催する。11月、今井政之が芸術員会員に選ばれる。

2004年(平成16年)
1月、日本陶磁協会賞制定50年記念「第45回日本陶磁協会賞展」(和光ホール)が開催される。この年のテーマは「酒宴を演出する器」。特別展示として作家10人の「愛蔵の酒器」展も催される。また、日本陶磁協会賞制定50年を記念して、銀座・東武ホテルにて祝賀パーティーを行う。